効果のあるダイエットをやってみよう|ダイエットやってみっと

Health

約束の安定

だるさ、疲れにヨガのポーズ

「ヨガのポーズとは」ストレッチ効果、体の柔軟性アップ、ボディーメイキング効果、気持ちのリフレッシュなど、ヨガのポーズにはさまざまな効果があります。そのどれもが体にうれしいものですが、ヨガの本質は、体を動かすことで心をコントロールし、心身ともにベストな状態を作ることです。体の不調に向き合い、その不調を取り除くために体に働きかけることで、心の状態も安定して元気になる。それがヨガの考え方なのです。「全身のだるさ、疲れ解消に(やしの木のポーズ)」a.肩を回すことで、肩周りの筋肉を刺激して肩、首の凝りを解消します。b.つま先立ちをすることで、(ふくらはぎの筋肉・バランスをとるために脳の中枢神経)を刺激し血流促進して(リンパの滞り・脳の疲れ)を改善します。

疲れを取ることで疲労回復を

「やしの木のポーズの流れ」1両足を肩幅まで開いて、背筋を伸ばしてまっすぐ立つ。手の指を開いて力を入れ、手のひらを緊張させます。2息を吸いながら、万歳をするように両腕を真上に上げて、つま先立ちになります。そのまま10秒間深呼吸します。3息を吐きながら、肩甲骨を寄せたまま両腕を後に回して(1)に戻ります。ポイントは、下腹部に力を入れ、脇を伸ばすようなイメージで行うことです。腕を上げたら肩甲骨をギュッと寄せます。また、左右の肩甲骨をしっかりと寄せて、筋肉への刺激をじんわりと感じるぐらいゆっくりと回します。(1〜3)の手順を3回行うことで、疲労を感じやすい肩周りの筋肉をほぐし、ふくらはぎの疲れを取り全身の疲労回復を目指します。リラックスする作用もあり、精神的な疲れにも効果的です。